スポンサーサイト

  • 2015.10.05 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    耳ヨガ

    • 2014.05.29 Thursday
    • 22:48
    JUGEMテーマ:YOGA


    こんばんは。

    2週間ほど前に、記事にUPした「耳ヨガ」。
    その際には TV放映されるかも とだけ紹介して、その後「耳ヨガ」自体について何も書かないですみません。

    (ちなみに、今週の月曜日のお昼にフジテレビ『バイキング』で紹介されたみたいですね。私は観れませんでしたが。ご覧になられた方はいらっしゃいますか?生放送に出演され坂上忍さんの耳を引っ張っていたのが、私に耳ヨガを教えてくださった先生です(^.^))


    で、「耳ヨガ」について。

    まず一番の利点は トキ・トコロ選ばず手軽にできること。
    ソファに座って、湯船につかって、朝起きてベッドの上でも夜眠る前の布団の中でもできますよね。オフィスでも、昼休みの公園でも、電車の中でも、中には会議中にやってる方もおられます(笑)。

    ちょっと調べて見ましたら、耳には150もの全身のツボがあるそうです(ほんとは、もっとあると想ってます。というか、どこもかしこもツボ)。

    手軽に全身を刺激できるわけですね。
    ほおっておく手はありません。


    私も健康雑誌に「耳ヨガ」について取材されたことがありますが、健康雑誌や教室で聞く声を記しておきます。

    かすみ目がよくなる。
    視力が上がった。
    頭がスッキリする
    頭痛が和らぐ。
    肩こりが緩和された(治った)。
    一息つける。
    思考のぐるぐるから解放される。
    胃の調子が様くなった。
    etc  
    「痩せた」 「腰痛が緩和された」 なんていう声もありました。


    即効性があります。
    教室で初めて耳ヨガをされる方がいる時は、だいたい片方ずつやります。
    右耳をやったとします。そして、顔の右半分と、まだやってないやっていない左半分を比べると歴然とした違いがあることが多いです。
    頬の色・つや、顎のシャープさ、目の多きさ・光・・・。
    みんなでそれぞれの顔を見比べて、その差に驚きや笑いが起きます。


    やり方ですが
    まったくもって簡単です(笑)。
    先ずは、耳の外辺部を挟んだり、もんだり、指圧したり。
    そして、内側も。
    全体的にまんべんなく、いそがない、らくぅ〜に息しながら。
    始めは何も感じないかもしれません。
    感覚が開いてくるまでには個人差もありますから。
    でも、あせらず、ゆっくりと。
    感覚にそっと集中してみてください。
    だんだんと、熱くなってきたり、イタ気持ちよくなってくることでしょう。

    上、横、下の方をもってそれぞれの方向に引っ張ったり、グルグル回してみましょう。後頭部や、首、顔をほぐすつもりで。

    頭や首、顔の緊張もほぐされます。
    血流もよくなります。

    初めてやる方は、 先ずは片方をやってみて、それからそっと内側から左右の違いを感じて、そしてそれから ✫ 鏡を見て左右の顔の違いを見比べてみることをおススメします (^.^)


    特に「眼」はPC、携帯で酷使されてますよね。
    一日に「耳ヨガ」何度かやっていたわること、おススメします。
    気軽に やってみてください ませ✫




                  ✫✫


     

    スポンサーサイト

    • 2015.10.05 Monday
    • 22:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする